「DD方式」と「NDD方式」の違いについて。

2 min

海外のFX取引所を使用する際の注文執行方式についてご紹介していきます。特に「DD方式」と「NDD方式」の理解は実際の取引をする上で必要不可欠です。

注文執行方式、「DD方式(Dealing Desk)」と「NDD方式(No Dealing Desk)」の違いについて解説していきます。

注文執行方式の違い

業者の注文執行方式は一回一回の取引における透明性や約定率を左右する重要なものです。

多くの海外FX業者の注文執行方式については「DD方式」または「NDD方式」のいずれかですのでこの2つの違いを抑えておけば良いかと思います。

DD方式(Dealing Desk)

この方式で行われる取引は業者との相対取引で、OTC(over the counter、店頭取引)ともいいます。この場合、業者とユーザーの利益は相反します。ユーザーが損するほど業者は得をする、というわけです。

NDD方式(No Dealing Desk)

インターバンク直結の取引です。Dealing deskを仲介せずにインターバンクから直接、ユーザーにとって最も有利なレート提示が行われます。

この場合、業者とユーザーの利益は相反しません。

それでは、DD方式とNDD方式をそれぞれ細かく見ていきましょう。

DD方式

DD方式は、業者を相手にした取引なので業者の注文数量・資金力などによって約定率や約定スピードが変わってきます。

業者の資金力が十分の場合は約定力は基本的に安定していると言えるでしょう。ただし業者の裁量によってスプレッドを広げたり、レートを操作する事が物理的には可能といえる方式です。

ユーザー側からは業者の内部でどのような判断が下されているのかは不明なので透明性が低い点注意は必要です。

この方式ではユーザーの損失が業者の利益となるため、極端に言えばもし悪質な業者であれば業者の内部で、意図的にユーザーを負けさせる方向に力が働いてもおかしくは無いとも言えます。

またDD方式の方が実際の市場へ出回る量が少ないといえるのが特徴です。

NDD方式

NDD方式には、さらにECN方式またはSTP方式の2種類が存在し、この2つがメインで採用されています。

  • ECN方式:ユーザー間でオークション形式で取引が成立していく
  • STP方式:ユーザーの注文はそのままLPへ直接流される

まず、ECN方式とは「Electronic Communications Network」を指します。アメリカにおいて金融商品を電子商取引する私設取引システムがあり、その取引所を指して「ECN」と呼んでいます。

ECN方式ではユーザー間の注文がマッチすることで約定し、マッチングはオークション形式で行われます。売買の注文が合致すれば、その注文はコンピューターによってマッチングされ約定締結、という仕組みになっています。

逆に、この注文方式ではユーザーの注文に対する反対注文がない限りは決済されないこともあります。

STP方式では、ユーザー同士で注文をマッチングしていくということはなく、LPに注目が流されて締結していきます。

LPとは、リクイディティプロバイダー(Liquidity Provider 流動性提供者)の事で、インターバンクを形作る金融機関を指していいます。

ここでLPの大きさは非常に大事で、業者が利用しているLPそれぞれの規模が大きく、利用している数が多いほど、安定した約定力が期待できます。

この場合、DD方式とは異なり、約定力を左右するのが業者ではないという点がデメリットになります。

ですが、STP方式では業者は基本的にユーザーの注文を直接インターバンクに渡すため、悪質な業者の裁量が加わることのなく、ユーザーにとっても安心な透明性の高い仕組みです。

関連記事