XM Tradingを解説

10 min

この記事ではXMに関する情報を基本情報から入出金方法までまとめて解説しました。

XMはボーナスが豊富で初心者におすすめの海外FX業者です。

それでは基本情報から見ていきましょう。

XM基本情報

運営元Trading Point Seychelles Ltd
金融ライセンスセーシェル金融庁(FSA)
証券ディーラーライセンス番号SD010
設立2009年
代表者不明
資本金不明

XM Tradingはセーシェル金融庁から「証券ディーラーライセンス」を取得しています。

運営元であるTrading Point Seychelles Ltdは2009年に設立されており、10年以上の実績がある点も信頼がおけます。

XMのメリット・デメリット

XMでのメリット・デメリットの概要は次の通りです。

メリット

  • レバレッジ最大888倍
  • ゼロカットシステム導入
  • 高い約定率と約定スピード
  • 入金100%ボーナスなどの充実したキャンペーン
  • 安全性の高い企業

デメリット

  • スプレッドが広く、取引コストが高め
  • スワップは小さく、中長期運用に不向き

それではメリット・デメリットを細かく見ていきましょう。

メリット

レバレッジ最大888倍

XMで特に特徴的なのはマイクロ・スタンダード口座のレバレッジ888倍とZero口座の500倍でしょう。

このため必要証拠金を低く抑えながら資金効率の高い取引を行うことができます。

例えば、スタンダード口座で0.01ロットを保有するとすると、USD/JPYなら1000通貨からの取引が可能となります。

ここでさらにレバレッジ888倍に設定したと仮定すると、1ドルが110円の時は110×1000÷888=約123円の証拠金で取引をすることができます。

仮に国内の最大レバレッジ25倍で同じポジションを持とうとすると、110×1000÷25=4400円が必要証拠金となるので、差は歴然です。

ゼロカットシステム導入

XMではゼロカットシステムを導入しているため、預託金以上の損失は発生しない仕組みになっています。予想外の急な相場の動きがあっても追証を支払う必要がないのは安心です。

さらに、XMでは証拠金維持率50%でマージンコール、証拠金維持率20%でロスカットが執行されます。多くの取引所が50%でロスカットをしているのでロスカット水準は低めのようです。

高い約定率と約定スピード

XMは99.35%の注文を1秒以内に約定するということが公式サイトで公表されています。

執行率も99.9%と高く、約定拒否もないので約定力はかなり高い業者だといえます。

入金100%などの充実したボーナス

XMでは口座開設や入金、取引ボーナスの内容が充実しています。

このボーナスはそのまま出金することはできませんが、これをもとに取引を行うことは可能です。

口座間で資金を移動すると取引ボーナスもその額に応じて移動します。ただし、Zero口座に移動した場合は取引ボーナスが無効になってしまうので注意しましょう。

また、出金をすることでも取引ボーナスはなくなっていくのでその点にも留意して取引を行う必要があります。

安全性の高い企業

先述したように、XMはセーシェル金融庁から証券ディーラーライセンスを取得しています。

このライセンスを保持する企業は法律による厳しい要件を満たす必要があり、ユーザーの預入金や企業の持つ通貨ポジションの変動の報告、そして常に流動性を保持をする義務があります。

第三者機関から監査を受けているので、XMがユーザーの預入金を勝手に利用するなどしてユーザーが損失を受けることはないという信頼がおけます。

デメリット

スプレッドが広く、取引コストが高め

XMでは口座タイプによってスプレッドの広さが異なります。

クロス円

マイクロ・スタンダードZero
AUD/JPY30.6
CAD/JPY3.41.1
CHF/JPY3.41.5
EUR/JPY2.60.6
GBP/JPY3.50.9
NZD/JPY51.2
SGD/JPY205.7
USD/JPY1.60.1

クロスカレンシー

マイクロ
スタンダード
 Zeroマイクロ
スタンダード
 Zero
AUD/CAD31.3GBP/DKK4920
AUD/CHF3.50.6GBP/NOK8061
AUD/NZD4.51.1GBP/NZD84
AUD/USD1.80.4GBP/SEK9047
CAD/CHF3.71.4GBP/SGD2013
CHF/SGD252.8GBP/USD2.30.5
EUR/AUD3.81NZD/CAD4.51.9
EUR/CAD3.51.5NZD/CHF51.8
EUR/CHF2.90.8NZD/SGD205
EUR/DKK237NZD/USD3.30.8
EUR/GBP20.8USD/CAD2.10.6
EUR/HKD3310USD/CHF2.40.5
EUR/HU3018USD/CNH30
EUR/NOK69.725USD/DKK307.9
EUR/NZD6.72.2USD/HKD285
EUR/PLN4727USD/HUF2514
EUR/RUB420280USD/MXN11050
EUR/SEK5525USD/NOK5528
EUR/SGD16.39USD/PLN3524
EUR/TRY2023USD/RUB420290
EUR/USD1.60.1USD/SEK4924.9
EUR/ZAR130106USD/SGD206.5
GBP/AUD3.92USD/TRY1815
GBP/CAD5.22.2USD/ZAR11080
GBP/CHF41.6
2020年7月28日時点

マイクロ・スタンダード口座ではスプレッドが高めですがZero口座では業界最高レベルのスプレッドの狭さで取引をすることができます。

ただし、Zero口座では10万通貨ごとに片道5ドルの取引手数料が取られてしまいます。

スワップは小さく、中長期運用に不向き

XMではスワップポイントが比較的小さいです。

実際にほかの海外FX業者とスワップを比較していきましょう。

今回はXMで最もスワップポイントが大きいEUR/TRYを比較していきます。

XMAXIORYFxProTitanFX
スワップ買い-504.42-2037.981-944.61-808.31
スワップ売り323.68103.5958.410542.88
2020年7月28日時点

やはり海外FX業者のなかではXMはスワップが小さいことがうかがえます。

XMはスワップポイントでの利益を狙った長期取引は不向きだといえるでしょう。

XMの安全性

金融ライセンス

XMを運営しているのは「Trading Point (Seychelles) Limited」という会社です。同社は2009年に設立され、セーシェルに拠点を置いており、セーシェルで証券ディーラーライセンスを取得しています。

証券ディーラーライセンスを取得する企業は、セーシェル金融局による厳格な金融要請を満たす必要があります。

具体的には、ユーザーからの入金や企業の通貨ポジションの変動の可能性や、未払い経費を決済するのに十分な流動資本を保持することが法律によって義務付けられています。

毎年行われる監査で不足が認められた場合には、内部監査法人により事の詳細が事細かに金融当局へ報告されることになっています。

つまり、XMはユーザーにとって安全な運営が行われるように第三者機関からの規制・監督を受けているため、信頼性・安全性は非常に高いと言えます。

資産管理

海外業者を利用する上では、口座に預けた資金がどこにあるか、そして業者が倒産した場合資金が返ってくるのかどうかが気になるところです。

国内業者なら信託保全が義務化されているためユーザー資産が全額返還されますが、XMには信託保全がありません

一方で、XMではユーザーの預託金は英国バークレイズ銀行でXMの資金とは明確に分別管理されています。万が一、XMが破産してもユーザー資金が無断で利用されることはありません。

さらに、XMはAIG(アメリカン・インターナショナル・グループ)の保険にも加入しています。その保険で、ユーザーの資金は最大100万ドルまでカバーされることになっています。

つまり、XMではユーザー資金は信託保全に守られている状態にほぼ近い保証を受けることが可能と言えるでしょう。

金融庁からの警告

日本の金融庁はさまざまな海外FXサイトに常に警告を出しています。警告を出される基準としては、公式サイト日本語に対応していることが挙げられるようです。

XMも日本語に対応しているためか、警告を受けています。

現在、平成24年6月と平成28年5月に「インターネットを通じて、店頭デリバティブ取引の勧誘を行っていたもの」という文面で警告を受けています。

XMの評判

SNSや紹介サイトを見ていくと、国内ユーザーからの口コミは主にXMの取引ボーナスについて言及されています。

入出金のトラブルなどの報告はなく、積極的にXMの自動売買を活用しているユーザーがよく見られます。信頼性のためか、初心者トレーダーも多く利用している様子です。特にマイクロ口座では少額からの投資が可能なので

しかし取引条件などについてのユーザーのコメントは単に「ゼロカットシステム」「スプレッドが狭い」といつ基本的な条件に関するものが多いです。

より難易度の高いスリッページの頻度やリスクについては触れていない投稿が多く見られます。

このようなネット上の評判を見ていくと、「取引ボーナス」「ハイレバレッジ」「少額投資」「ゼロカット」などのXMならではのメリットに釣られて利用を開始したユーザーが多いと言えるのではないでしょうか。とはいえ、中・上級者がXMを利用するに当たって、初心者ユーザーが多いことは特にデメリットではないのではないでしょうか。

XMの取引条件

マイクロスタンダードZero
取引コスト 口座開設
無料
取引手数料 無料無料10万通貨あたり片道5ドル
スプレッド
取引条件レバレッジ最大888倍最大500倍
通貨ペアの数57銘柄
取引形態NDD STP方式 NDD ECN方式
最小取引単位
最大取引数量
注文方法
両建て注文
取引ツール MT4、MT5
入出金手数料入金手数料無料
出金手数料無料
資産管理マージンコール 50%
ロスカット 20%
ゼロカット
資産保護 分別管理 あり
信託保全 なし
(ただしAIG保険あり)
サポート メールあり
ライブチャットあり
電話なし
日本語対応あり

約定スピードと約定率

XMの公式サイトでは「リクオート、約定拒否なし」「約定率100%」「約定スピードは全注文の99.35%を1秒未満で執行」など、高い約定力を強みとして全面に出しています。

レバレッジ

先述したように、XMではマイクロ・スタンダード口座ではレバレッジ888倍とZero口座の500倍で取引を行うことができます。

マイクロ口座では小口取引があり、0.01ロット保有するとすると10通貨からの取引ができます

スタンダード口座で0.01ロットを保有するとすると、USD/JPYなら1000通貨からの取引が可能となります。

ここでさらにレバレッジ888倍に設定したと仮定すると、1ドルが110円の時は110×1000÷888=約123円の証拠金で取引をすることができます。

通貨ペア

XMで取り扱いのある通貨は57種類です。

クロス円

AUD/JPYCAD/JPY
CHF/JPYEUR/JPY
GBP/JPYNZD/JPY
SGD/JPYUSD/JPY

クロスカレンシー

AUD/CADEUR/NOKGBP/NOKUSD/HKD
AUD/CHFEUR/NZDGBP/NZDUSD/HUF
AUD/NZDEUR/PLNGBP/SEKUSD/MXN
AUD/USDEUR/RUBGBP/SGDUSD/NOK
CAD/CHFEUR/SEKGBP/USDUSD/PLN
CHF/SGDEUR/SGDNZD/CADUSD/RUB
EUR/AUDEUR/TRYNZD/CHFUSD/SEK
EUR/CADEUR/USDNZD/SGDUSD/SGD
EUR/CHFEUR/ZARNZD/USDUSD/TRY
EUR/DKKGBP/AUDUSD/CADUSD/ZAR
EUR/GBPGBP/CADUSD/CHF
EUR/HKDGBP/CHFUSD/CNH 
EUR/HUFGBP/DKKUSD/DKK

海外FX業者としては平均的な品ぞろえです。

口座タイプ

XMでは「マイクロ」「スタンダード」「Zero」の3種類の口座タイプから選ぶことができます。

いずれの口座タイプでもNDD方式が採用されており透明性が高いといえます。

それぞれの口座の特徴は以下のようになっています。

マイクロ口座スタンダード口座ZERO
口座
レバレッジ最大888倍最大888倍最大500倍
1Lot1,000通貨100,000通貨100,000通貨
取引手数料無料無料10万通貨ごとに
5ドル
スプレッド広い広い狭い
最小取引サイズ0.01ロット (MT4)
0.1ロット (MT5)
0.01ロット0.01
ロット
最低入金額5$5$100$

口座開設方法

この記事ではXMTRADINGでの口座開設の仕方を解説していきます。

海外のFX業者が初めてで不安という方も、この記事を読みながら、手順を追っていけば簡単に口座開設できるようになります。

最短2分で口座開設はできるので早速みていきます。

まずはXMTRADINGの公式サイトに行ってみましょう。

XMTRADINGのホームページはこのようになっていますね。

右上のほうに「リアル口座開設」とあるのでそこをクリックします。

すると、以下の画像のような口座開設ページに移動できます。

ここではまずご自身の名前、居住国、電話番号やメールアドレスなどの個人情報を英語のアルファベット文字で入力していきましょう。

ページをスクロールして下に移動すると、取引口座の詳細情報を決めることができる欄があります。

「取引プラットフォームタイプ」ではMT5かMT4を選ぶことができます。使いたい方を選択して次に進みます。

「口座タイプ」では口座の種類を選ぶことができます。

  • スタンダード
  • マイクロ
  • XM ZERO

の3つから選ぶことができます。

それぞれの特徴を詳細に見ていくと以下のとおりです。

  • スタンダード:XMの標準的な口座タイプです。XMからのボーナスがすべて適用されるのが魅力的です。最大888倍というレバレッジをかけた取引ができるというのも海外FX業者らしい魅力ですね。
  • マイクロ:スタンダード口座が最小1000通貨からの取引が可能である一方、こちらでは最小10通貨からの取引が可能。そのため初心者におすすめのタイプです。ボーナスもすべて適用されます。
  • XM ZERO:スプレッドが最小0ピップからの取引が可能な口座タイプです。1取引当たり5ドルの取引手数料がとられますが、スプレッドの狭さを重要視する方には魅力的な口座タイプです。スキャルピングやデイトレーディングなどの短期トレードをする方におすすめです。

ご自身の目的に合ったものを選んで次に進みましょう。

ページ下部に「ステップ2へ進む」というところがあるのでクリックします。

次のページではまず個人情報を入力する欄がでてきますね。

名前と生年月日を今度は日本語の「全角カナ」で入力していきます。

次に入力するのは取引口座詳細のところです。

「口座の基本通貨」「レバレッジ」「口座ボーナス」を選択します。

口座で使用する基本通貨を選択できるのでお好みのものを選びましょう。

次にレバレッジを選択することができます。

レバレッジを大きくすると少額の証拠金でも大きな額で取引ができます。

海外FXだと以下のとおり888倍という大きなレバレッジを選ぶことができますね。

次は投資家情報の入力です。

ここは口座開設でも大切な項目なのでしっかりと記入しましょう。

特に所得は、少なすぎると印象が良くはないので少し多めに書いても問題はないでしょう。

大きく盛りすぎるのもよくないので加減には気をつけましょう。

最後に口座のパスワードを作成しましょう。

ニュースレターなどの項目もチェックして、利用規約などの重要資料を読みましょう。

チェックして、ご自身がよろしければ同意して次に進みます。

最後に「リアル口座開設」をクリックして開設します。

するとこのような画面に移動します。

メールをスクロールしていくと下のようなものが見えてきます。

リンクをクリックして進みましょう。

するとログイン画面に移り変わります。

先程設定したパスワードを入力して、ログインをクリックします。

そうしたら下のような画面に移動できます。

本人確認書類の提出をしましょう。

パスポートや免許証などの写真をとってアップロードしましょう。

次に住所確認書の提出です。

水道やガスなどの公共料金の請求書の写真をとってアップロードしましょう。

入金方法

それでは、入金方法を見ていきましょう。

ログインをしたあとにマイページに移動すると下のような画面がみえます。

緑色の、「資金を入金する」というところをクリックします。

するとこのように入金方法の一覧がでてきます。

それぞれの入金方法を見ていきます。

bitwalletでの入金方法

まずはbitwalletでの入金方法です。

先程の画面で「bitwallet」をクリックします。

すると以下のような注意書きがでてくるのでよく読んで理解しましょう。

入金の確認をするためにBitwalletにログインした状態で、bitwalletの口座のemailと希望の入金額を入力します。

入力が完了したら、「入金」のボタンを押して、入金は完了です。

クレジットカード/デビットカードでの入金方法

先ほどと同じ画面に戻って解説していきます。

クレジットカード/デビットカードと書いてあるところをクリックします。

すると下のような画面になります。

注意する点が上のように書かれているのでよく読んで理解しましょう。

そこから下にスクロールすると以下のような画面が見えてきます。

ここでは入金額を入力しましょう。

ここで「入金」をクリックすると次のような確認画面になります。

情報を確認して、よかったら「確定」を押しましょう。

そうすると次のような画面にうつります。

ここでカード情報を入力していきましょう。

入力が完了したら、「支払う」を選択して完了です。

銀行での入金方法

次は銀行からの入金方法見ていきます。

下の画像のように「Local  Bank Transfer」というところをクリックします。

すると以下のような画面になり、注意点がでてきます。

よくよんで理解しましょう。

このページをしたにスクロールしていくとこのような画面になるので入金額を入力しましょう。

お希望の入金額が決まったら下の緑の「入金」ボタンをクリックして完了です。

出金方法

XMTRADINGから資金を出金する方法は5通りあります。

  • 銀行送金(国内・海外)
  • クレジットカード/デビットカード
  • bitwallet(ビットウォレット)
  • STICPAY(スティックペイ)
  • BXONE Wallet(ビーエックスワン)

があります。

まずは会員ページにアクセスしましょう。

ログインに必要な情報を記入し終わったら、「ログイン」をクリックします。

会員ページにログインしたら左上にあるメニューバーをクリックします。

すると、下の画像のようにメニューバーが拡張します。

メニューのなかに「出金」というところがあるのでそれをクリックします。

すると、現在利用可能な出金方法が現れます。

XMTRADINGでは、入金した金額は、入金方法と同じ方法でのみ出金が可能とされています。

銀行送金以外の出金方法では、出金上限が入金金額と同じというわけです。

では今回は銀行送金のみが利用可能と仮定して進めていきましょう。

「International Wire Transfer」のしたの「出金」をクリックします。

すると以下のような注意書きがでてきます。

これはよく読んで理解しましょう。

下にスクロールしていくと「資金の出金」というところがあります。

ここでは、受取人の名前や住所、銀行口座番号などの必要な情報を記入していきましょう。

次に、受取人の銀行の詳細情報を記入して行きましょう。

SWIFTコードというのが見慣れない方もいると思いますが、これは銀行利用明細書を確認、または銀行に問い合わせることでわかるものなので調べてみましょう。

送金にあたって、仲介する銀行も存在する場合、「仲介銀行」のところも記入していきましょう。

ページをスクロールして出金額を記入します。

つぎに、「出金優先手続き」に関する資料を確認したうえで、同意にチェックします。

最後に「リクエスト」にクリックしたら出金の手続きは完了です。

関連記事